ふと思ったことを

主観だからこそ価値がある。

安定的に成長する方法

これに関しては、レベルの高い人にゼロから直接教えてもらう事が理想だが実際はこれを実現できている人は自分がいる限りお金持ちとか運がいいや才能がある人以外聞いた事がない。

だから、今回はこういう恵まれた状況でない時にどうすべきか指針となるメッセージをここに刻むの巻。

 

まず、今自分に何の情報な必要かSNSなりネットから色々な情報を集め定めた情報をピックアップする。  そして、その情報を確実に付箋などにメモリなが試してみる。 そこで、全体像から見て、第一歩を進めたならその基礎をみっちり体が覚えるまでやり込んで次のステージに進む。   

そこで重要なのは、いい情報をピックアップした後、いい情報を隅から隅まで読まずに焦って次に行かず、慌てずに確実に知識にする事が重要。 そして、学んだ後、忘れないようにブックマークするよりは、付箋にまとめておくこと。

 

そして、この繰り返しをしていけば、効率よく伸びていくと思う。  その道のプロの人にSNSで聞くのも効果的。  なので、まずは全体像を把握する事に努めて、今何をすべきか考えれるようにリサーチを怠らず、見つけたいい情報を抜け目なく吸収していけば、大きくつまずいて嫌になる事は少なくなる。

基礎の積み重ねなので、一つ一つに意味があると思って何故のところを検証したり調べたりして深い知識にしていきたいところ。

 

新しい事に挑戦する事の多い自分だからこそこういうやり方は重要だと思っている今日この頃。

一度、全ての価値観を取り払う

また一人暮らしを始めて3日目となり母親が住んでいる実家を離れて思う事は、感謝の一言に尽きる。

これは前1人暮らしを始めた時にも思った事だが、やはり涙が出てしまうこともある。

 

話は変わるが今回言いたい事は、今の人生が楽しくないと思ったら一度、全ての価値観を取り払う事をオススメする。  

自分は、何故か今の人生に不満があると自然とこの現象が起きる。

そうする事によって、何かやりたい事を真剣に探そうとする事ができる。

これまで読んできた自己啓発本に書かれていた言葉達は今や何の意味も持たない。

考えるな行動しろや、自由になれなど他人が考えた言葉にほんとうの意味はない。

そんな言葉を信じて行動してきた結果、今こういう状況になっている。

だから、外的要因を排除し内的動機にシフトする必要がある。

自分は、今のタイミングがそう。

 

今日は世の中を俯瞰して、思い巡りの世界旅行に行こう。

自分の価値で生きる (主観)

たとえ誰かが向上心を持てやお金持ちになれや孤独になれや子供を作れと言ってくるかもしれない。

しかし、そんな事を間に受けてやってたら悲しい人生になる。

特に、仕事選びやプライベートの時間の使い方は、かなりの時間を費やす事になるから誰かの価値観で決めてしまうと、もうその時間は戻ってこない。

プラスに考えれば、よく言われる色々な経験ができてよかったとなるがそれで満足している人はごく稀だと思う。

そして、もしなんとなく仕事についたのなら、自分からして面白い人や刺激となる人がいなければ辞めた方がいいと思う。

もし、自分がそうだと思って行動するか迷った時、他人に相談するのはアウト。

まあ、相当頭が悪くてお金の管理もできないどうしようもない人なら頭の良い人に相談するのはいいと思うけどそうじゃなければ、自分で決めた方がいい。

誰かに相談してしまうと、誰かの価値観にいっとき洗脳され後で後悔する事になる。

 

そして、自分は口の上手い人に今の仕事を紹介され、自分の行きたいところを踏み切って決めたわけだが、凄く後悔している。

そこで、何故自分が判断ミスしたかというと、お金に困っていて仕事内容より給料を見てしまったからだ。

これは、人に相談しながら決めて後悔したパターンのやつだった。

 

だから、これからの人生自分がこうだと思ったことしかやらないという生き方をしてみようと思う。

 

孤立するという意味ではなく、決断は自分でするというだけ。    その分、他人にも尊重できると思うからいいかなと思う。

だから、とりあえず今は仕事を失っても問題ないぐらい貯金して能力を上げて来るべき時に備えることしかできない。

そして、最後には、なるべく満足しながら死ねるようにやっていくかの。

個人的に距離を置いた方がいい人問題

この話は個人差があるから、主観で話します。

 

シンプルにいうと、は?ってなったり、ん?ってなった人とは距離を置くようにしてます。

理由もシンプルでストレスをためない為です。

ストレスをためると体の免疫力が落ちてガンになる確率が上がるので、そこまでして人とは関わる必要もないので、そういう人は避けちゃいます。

もちろん、自分を避ける人がいて、当然と思っているので避けられる事や避ける事に対してそこまで気にしない方がいいから、気にしないです。

もし、仕事でどうしても関わらないといけない場合は、そもそも危険な人センサーを貼って反応した人とは、そもそも仲良くならないという方法を使っていて、特に人事の人や威圧的な行動をとる人や悪い噂のある人や上司とは距離を置くようにしてます。

そもそも、最初の時点で上司は上の立場となりめんどくさい人だと色々と危険なので最低限しかコミュニケーションをとらない。

そして、心の中では、相手の良いところをみて自分を洗脳しながら好きになり特に気にならないような状況を作っておく。

 

万が一、センサーのミスが起きた時は、徐々に距離を置くようにしている。

これは突然距離を置くと仕事上気まずくなるから。

そこで徐々に距離を置くときに使えるのが、何か理由があって距離を置かざる得なくなったという嘘を相手に植え付けること。

そうすれば相手から攻められる事はない。

 

そして、うざい人に対してブチ切れそうになった時の対処法は、自分がその人に怒鳴った後を想像して、その状況から自分だけが不利にならないか、考えてもし自分が有利になるなら怒鳴ってもいいけど、怒鳴って有利になる場合は、かなり追い詰められた状況でないと使えないため、問題になるような事でなければ怒鳴らずやめてくださいと素直に冷静に言うのがベストだと思う。  そうすると相手も学習するから問題ない。

 

多分、殆どの人はこいつと絡んだらだるいなってのは分かると思う。  よく喋る人は、後々だるい事も。

 

何だかんだ自分と似たような人だったり単純な理由で人と人は結ばれるから、そこまで難しく考えずに思ったままに生きるのが一番。

そうした方が、自分にとって素敵な人と仲良くなれて後々、幸せになれると思うから、これだと思ったら攻めるしかない。  

ただ、女性に関してはセクハラ問題があるから時間がかかるシステムになってしまった。

セクハラは、全て男の責任だから怖いったらありゃしないというオチになってもうた。

 

結論をいうと、来る者を拒みつつ逃げる者を流しまくる。  追いたい者に攻めて幸せを掴む。

 

はたらく細胞を見た感想

個人的にこのアニメを見たメリットは、健康に気をつけようと思った事に尽きる。

可愛いキャラクターや友情などで、体の中の細胞たちに愛着を持ってしまい、結果体を大事にしないといけないなとなってしまうはず。

あと、体の知識も少しだけ身についたから具体的にこれからどうすべき見えたところが良かった。

衝撃的やったのは、細胞達が超人的な能力がある事。  そして、何故か体を必死に守ろうとしているところ。  

笑ったらnk細胞が活性化して、がん細胞をやっつけるところは中々見応えがあった。

トータルで感動する場面は無くスラスラシンプルに終わった感じだったが、飽きずに見れたところが良かった。

ただ、個人的には少し白血球と赤血球とキラー細胞の出番が多くて飽きそうになったから、もう少し他の細胞の出番を増やすべきだと思った。

内容的にはアクションが多いから、子供向けだと思うので、大人がみると退屈するかな。

 

やっぱ何だかんだ振り返ってみると血小板がめちゃくちゃ可愛くて癒されたという人が殆どと思う。

血小板の日常生活をもっと増やせば人気が更に出たと思うのは気のせいかな。

 

何故、今日一睡もできなかったのか

理由はシンプルで、レッドブルを2本飲んで眠るという概念が消えたからですかね。

 

もうこれに関しては、レッドブルを作った人に言いたいのやけどこれを作った目的が聞きたい。

多分、仕事中とかに眠気覚ましとか楽しくなるとか言うかもしれないが、これは行きすぎていてマクドナルドみたいに人殺し商品と化している。

正直、飲んでしまった自分に問題があるんやけど、ここまでとは思わなかった。

これを飲む事によって一時的に疲れが飛んだような感覚を得られるのは事実だが、トータル効率悪くなるパターンだった。

なので、これから生きていく中でこういう商品と出会った時は、この人殺しと心の中で言って避けるようにしますわ、、、

 

もうホンマに勘弁したってー

それと眠り方を教えてくだせい

同じミスをしてはいけないという恐ろしい呪文

これまで皆さんが生きてきた中で同じミスをしたなと怒られた事は多分あると思います。

正直、同じミスをした事は、仕事上良くないです。

ただ、その同じミスでも原因が違う場合がある事に気付いてない人がいるかもしれないので、メモがてら書き収めます。

簡単な例で説明すると、また今日もあまり眠れなかったーとなったとして、また同じミスをしたと思っても実際は同じミスはミスだけど、根本的な原因がストレスだったり病気だったり体温の問題だったりライトの影響で深く眠る事が出来なかったのかもしれません。    

ついつい人は、同じ結果のミスをするとまたやってしまったという慣れから深く原因を考えようとしません。  そして、今回のテーマで問題なのはそのミスに対して同じミスをしたな!と言っちゃう上司だったり周りの人だということです。

同じミスなしたなと言っちゃう事で、部下は反発できないので考える事を辞めてしまう可能性があります。     

なので、そういう決まり文句を言うのを辞めて、根本的な原因を自ら言わせるようにすればいいだけの話で、それだけで、似たようなミスも減ってくると思います。   

なので、思考させるかさせないかは、権力を握ってる人次第という事を自覚してほしいと思います。

あくまで、日本という環境という設定で言ってます。

 

なので、いかにして部下に反省させるようにするかではなく、いかにしてミスを無くすかにシフトしないと駄目な会社になっていくと思いますという話でした。

 

ただ、会社員という下っ端である以上、こういう事を言ってても違う部署に飛ばされたりするのがオチなのでブログに書いておくことしかできないですがね。

 

とにかく会社員生活では、いくら有名な企業に居たとしても矛盾だったり可笑しな事が日常茶番時なので、考え方を柔軟にする事がベストで、いつでも辞めれる状況を作っておくことしかできましぇん円。

 

以上。    愚痴の会でした、、、